読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海の巨人のつどい 【hearth stoneブログ】

ちょいちょいレジェンドに滑り込んでるハースストーンファンによるブログです!好きなデッキや環境について等々つらつらと書いていきます!Twitter : @ceu4569 BattleTag: ceu#11644( アジア)

案外負けるね、翡翠ドルイド -対翡翠ドルイド-【海賊ウォーリアその8】

° ω °)お疲れ様です、CEUです!

 

海賊ウォ―リアについて長々8回も使ってお話ししてきましたが、そろそろ各マッチアップの考察をしてお終いにしようかなと思います(´∀`)

 

正直、世間に存在する海賊ウォーリアとどの程度プレイングが異なるのか分かりませんが、選択を迫られた時の判断材料の一つにでもなればと思います。

 

f:id:ceu4569:20170201234658p:plain

さて、そんな感じの各マッチアップ考察ですが、今日は翡翠ドルイドについてお話しします。

 

僕はこのマッチアップを60:40くらいで有利だと思ってます。

そんなめちゃくちゃ有利なマッチアップではないって感じです。

 

生きている根自然の怒りでヘルス3点までは簡単に除去出来てしまいますし、ヘルス4ミニオンなぎ払いで処理され、ヘルス1ミニオンはその巻き添えを食って消えてしまいます。

 

なぎ払いで処理されない盤面が作れたのなら、

相手のマナ加速が上手くいってポンポン重い挑発が出てこない限り勝てると思います。

 

そのなぎ払いで処理されない盤面を作るのがちょっと難しいです(ノ・ω・)

 

例えば、

先攻1ターン目:ン=ゾスの一等航海士1/1+パッチーズ1/1(デッキから)

  2ターン目:ブラッドセイルの略奪者3/3(武器で+1バフ)

  3ターン目:泡を吹く狂戦士2/4

と動いたとします。マナカーブ通りのいいムーブですね(´∀`)

 

このムーブをした時、相手が後攻2ターン目にブラッドセイルの略奪者を自然の怒りで除去したとすると、3ターン目の泡を吹く狂戦士2/4にコイン+なぎ払いを打てば盤面はクリアされてしまいます。

ここからうまくフェイスを削れないまま5,6ターン目を迎えてしまえば、あとは重い挑発で蓋をされ、さらに回復されてしまえば試合は終わってしまうでしょう。

 

 

例えその2です。

先攻1ターン目:ちんけなバッカニーア1/2+パッチーズ1/1(デッキから)

  2ターン目:烈火の戦斧(3/2武器)

  3ターン目:泡を吹く狂戦士2/4

と動いたとします。ゴリゴリフェイス削れそうな動きですね!

 

このムーブをした時、後攻1ターン目に生きているねちんけなバッカニーアを処理されてしまえば、泡を吹く狂戦士にマルチかコイン+なぎ払いで盤面は蹴散らされてしまいます。

この場合は、先攻4ターン目に南海の甲板員+ブラッドセイルの狂信者で武器を育てつつ相手のヘルスを削れそうですね。

 

 

要するに言いたいことは、案外なぎ払いで盤面解決されちゃうねってことです!

 

相手はヘルス4ミニオン1体と他はヘルス1ミニオンという盤面を作ろうとしてきます。

なぎ払いがキレイに決まってしまうと、クロック低下によりフェイスを削りきれず、翡翠の巨像戦の古代樹を投下され、妖獣の激昂で8点装甲を積まれて負けに繋がってしまいます。

 

先攻はコインがない分マナ通りの動きしかできないため、相手も呪文を切るタイミングを決めやすいのかもしれません。

 

 

では、次にコインがある後攻の話をしましょう!° ω °)

こちらではコインがある分、なぎ払いケアができた盤面を作りやすいと思います。

 

 

3マナ域はブラッドセイルの狂信者3/4も泡を吹く狂戦士2/4も居るので、2マナでコインを使い2ターン目3ターン目と3マナミニオンを置けたらそれだけで強いです。

なぎ払いと単体除去でクリアされない盤面を作るためにコインを使いましょう!° ω °)

 

 

これはコインを振らずにできますが、

2ターン目に烈火の戦斧を装備し、3ターン目に

アップグレード+ブラッドセイルの略奪者+0マナ悪辣なる海賊

とマナを無視してインチキみたいなプレイも出来ますι(˙◁˙ )/

 

 

 南海の船長なぎ払いケアに便利です(´∀`)

ヘルス1ミニオンに+1/+1をバフしてなぎ払い圏内から逃がしてやりましょう。

後攻なら、

1ターン目:ン=ゾスの一等航海士orちんけなバッカニーア

2ターン目:コイン+泡を吹く狂戦士

3ターン目:南海の船長

 と動けば、1マナミニオンをなぎ払いから守りつつ盤面を広げることが出来ます!

ヽ('∀'*)ノ

 

 

 こんな風になぎ払いをケア出来た盤面を作りクロックを上げて殴り倒しましょう!って感じです。

 

今回のブログの内容が「なぎ払いケアして戦え」の一言で終わってしまうのですが、そのケアの中身についてのお話しでした!

 

自分の手札と相手のマリガンによっては、クソのほど相手のフェイスを殴り続け敵ミニオンはガン無視とする作戦ももちろん良いです!海賊ウォリらしく!

 

しかし、最近の翡翠ドルは爪のドルイド翡翠の巨象戦の古代樹などの挑発ミニオンを多数搭載し、妖獣の激昂も2積みというアグロを見た構成をしているものが多いので、盤面を放り投げて顔を殴りに行くといったことをしていないです。

 

ファンドラル・スタッグヘルムアジュア・ドレイクなど生き残ったらゲームをめちゃくちゃにされるミニオンは優先的に倒して、顔を攻めるといった感じでしょうか。

もちろん、トレードしすぎているとゲームが遅くなって息切れして負けてしまうことがあるので注意です。

 

 

最後にマリガンですが

 

先攻

ちんけなバッカニーア

烈火の戦斧

ン=ゾスの一等航海士

ブラッドセイルの略奪者(武器系を引いている時は残す、マナカーブ良ければ残す)

泡を吹く狂戦士

悪辣なる海賊(烈火の戦斧があるなら)

 

烈火の戦斧はキープしないという方もいるようですが、僕はキープする派です

悪辣なる海賊のマナを減らせる、

ブラッドセイルの狂信者アップグレード等で強化して削り続けられる、

ちんけなバッカニーアへのバフ等々に使えますので残しています。

仮になぎ払いで盤面を壊されても1マナ海賊+ブラッドセイルの狂信者などで武器をバフし盤面を再構築できればまだまだ削り続けられます。

といったところがキープする理由ですね!

 

アルカナイトリーパーをキープするのも僕は良いと思いました。5,6ターン目から出てくる翡翠の巨象3/6等の挑発をぶち抜くことを見据えて、あらかじめハンドに抱えておくのも良いでしょう。

 

 

後攻

ちんけなバッカニーア

烈火の戦斧

ン=ゾスの一等航海士

ブラッドセイルの略奪者(武器系を引いている時は残す、マナカーブ良ければ残す)

泡を吹く狂戦士

悪辣なる海賊(烈火の戦斧があるなら)

 

南海の船長(2ターン目コインから出しても強い)

ブラッドセイルの狂信者(武器バフが決まりやすいため)

 

後攻はコインがある分3マナミニオンを積極的に残す派です。

3マナミニオンにはヘルスが高いミニオンが多いので、盤面を固めていきましょう!

 

 

今日はこの辺でおしまいにします!ヽ('∀'*)ノ

翡翠ドルイドとはこんな感じで戦っています。

フェイス力とトップデッキが他の海賊ウォリより弱い分、盤面のクロックを意識している僕のデッキリストですが、 今のところ翡翠ドルイドに対しては23-12と勝ち越すことが出来ていました° ω °)

まぁ、海賊ウォリアーのコア自体が強いのである程度いじくっても強いって感じはありますね笑

 

今回は有利マッチである翡翠ドルイドにおける負け筋とそのケアについてお話しがしたかったのですが、トログの脳みそくらいには内容が詰まっていると思っていただけたら幸いです(′︿‵。)

 

またぼちぼち更新していきます!

ここまで読んでいただきありがとうございました!ヽ(∀)ノ

 

キャラクター紹介回その2【海賊ウォーリアその7】

° ω °)おつですーCEUです。

 

今月は月初からやる気を出してラダー回してます!(´∀`)

といっても、一日10戦くらいをコツコツ回してる感じですね° ω °)

 

300戦プレイしたらレジェに到達できるなら一日10戦ずつ回していけばレジェになれるのでは???

という浅い考えで回しています笑

 

いつも月末に焦ってラダー回しているので、流石に学んでいこうと思います笑ヽ(∀)ノ

 

 

さて、今日はまた海賊ウォリアーについてです。

キャラクター紹介回その2です。

 

ちょっと前にカードの説明をさらっとして、放置していたんでまた話していこうと思います。

f:id:ceu4569:20170201234658p:plain

 

【南海の甲板員】

海賊ウォリの1マナミニオンとして良く採用されていますね。

でも、1マナミニオンだからと言って先攻1ターン目にポンとおいて良いカードではないと思っています° ω °)

 

スタッツが2/1とパッチーズにトレードされてしまう貧弱ヘルスであり、武器をつけていない状態では突撃すらつかない。雑な使い方をすればハンドに来たパッチーズに劣る存在です(´・ω・`)

 

しかし、このミニオンは海賊ウォリにとって、とても重要で活かしどころが考えられる素晴らしいカードです!(´∀`)

 

まず、海賊ウォリアーはハンドから細かい打点をを出す方法が限られているデッキです。

必殺の一撃4点、コルクロンの精鋭4点、リロイジェンキンス6点等出せる打点は大きいのですが、いかんせん大雑把です。

 

そんな中、南海の甲板員は2点を素早く出せるので、シャーマンの挑発トーテムを抜いたり、野獣の精霊2/3を武器1点+南海の甲板員で1体抜いたり出来ます。

南海の船長と絡めればヘルス3ミニオンも打ち取ることが出来ます!

 

後1,2点足りなくて、トレードができないor挑発ミニオンが抜けない...といった場面は海賊ウォリをやっていて良くあると思うので、そういった時に活かせるようにしていきましょうヽ('∀'*)ノ

 

また、1マナミニオンとして活きる場面はブラッドセイルの狂信者と絡める時です!

アグロシャーマン等のアグロデッキと戦っている時に3ターン目に海賊が残っている盤面は稀です。

武器つけている時に海賊ミニオンを残したら、武器強化されてひどいことになると分かっているので、キレイに除去しようとしてきます。

そんな盤面に海賊がいない4ターン目に盤面でも、南海の甲板員+ブラッドセイルの狂信者のムーブを作れれば確定で武器を強化できます。

 

このムーブをするためには1マナの海賊が必要なのですが、1ターン目にちんけなバッカニーアを出してしまえば、残っているのはちんけなバッカニーア残り一枚と、ン=ゾスの一等航海士南海の甲板員だけです。

ン=ゾス一等航海士は武器を交換してしまいますので、烈火の戦斧を付けている状態ではプレイしにくいですよね。

そうなってくるとブラッドセイルの狂信者を安定して発動させる役割として南海の甲板員が担う役割はとても大きいものになります。

 

烈火の戦斧を付けている状態で迎えた4ターン目、悪辣なる海賊+ブラッドセイルの狂信者という4点武器を持ちながら3/3,3/4ミニオンを置くというヒドイムーブも出来ます。

海賊ウォリはこういったマナを無視したムーブができるところが強いですよね。

 

海賊ウォリアーのミラーマッチでは、相手の盤面が空の状態の4,5ターン目に南海の甲板員を顔面に突っ込ませるのも強いと思いました° ω °)

相手は武器か呪文で処理しないといけないのですが、盤面を取れてない状態でそんな悠長なことをしてはいられませんのでフェイスプランを取ることになります。

そうなるとこの2/1の甲板員は、トレードに使うまでの間は生き残り続け相手のヘルスを削ってくれます。

この小さな1マナミニオンを押し付けるというかわいいムーブですが、うざったらしい良い活躍をしてくれます(´∀`)

 

 【南海の船長】

盤面を取っているところに出すと恐ろしく強い船長° ω °)

後攻2ターン目にコイン+南海の船長と出して、パッチーズを2/2で突っ込ませることもでき、トレードの役に立ってくれます。

アタックだけでなくヘルスにも+1してくれるという点がすごく役に立ちます。

ちんけなバッカーニアのヘルスを3にして、火山ポーション悪魔の憤怒などの2点AoEの圏外に逃がすなど、AOEで焼切られない盤面を作れます。

 

南海の船長によって盤面を底上げしAoE耐性を強化することで、ザクザク相手のヘルスを削ることができますので、レノジャクソンが出てくる前に勝つ or AoE次第ではレノジャクソンが出ても盤面優勢を維持し勝つプランが見えてくると思います。

 

 

シャーマンや海賊ウォリ相手に南海の船長を出すと、ライトニングボルト烈火の戦斧1発で処理されてしまいますが、それは他の自分のミニオンを守ることにも繋がりますので、海賊ミニオンを全体バフして鼓舞し、自分の身を挺して守ってくれる船長はなかなか使いどころがあります!(´∀`)

 

 

 

さて、今日はこの辺でおしまいにします。

今日2/11にうちのコミュニティ[ノズドルム祭祀場]

代表カイジさんが率いる[Next Level]でコミュニティ交流戦を行ってきました。

僕も4HERO1BANの枠で出場し、戦ってきたのですがラダーと違った駆け引きや構築を求められる点が難しいですね!ヽ(∀)ノでも、とても面白かったのでまた大会等にも興味が湧いてきました!

 

翡翠ドルイドをもっとうまく回せるようになりたいなぁ(´∀`)

 

ラダーとは違ったモチベ―ションも上がってきたのは嬉しいことです° ω °)

また、大会等にも参加してみようかなと思いますので、ゆくゆくはそういった大会に関する記事も書いてみたいですヽ('∀'*)ノ

 

それではみなさんさようなら!お疲れ様でした!

初レジェンドを目指す人へ -滑り込みレジェのすゝめ-【番外編】

 ° ω °)こんにちはお疲れ様ですCEUです

 

月末ラダーに集中していたので、最近ちょっと更新多めです。

文章書くのはストレス解消になるんですよねぇ~!

 

 

さて、今日はレジェ目指す人向けの記事ですね。

滑り込みレジェなら任せてください/////

(次はまずレジェ3桁目指します...!!)

 

 

では、本題です!

「ランク5に到達出来る人はレジェンドにもなれる」

見聞きした人も多い文言だと思います° ω °)

 

僕が最初聞いた時は、

「いやいや、ランク5がやっとなのにムリでしょう(′︿‵。)」

と思いましたが、まんざら嘘でもないと思ったので書いていこうと思います° ω °)

 

 

この文言、正確には

「ランク5に到達出来る人は(時間を用意出来るなら、滑り込みで)レジェンドにもなれる」

だと思います。

 

 

 

「 時間を用意できるなら」

やはり時間はかかります(′︿‵。)

ランク5に到達するまでの試合数の、その倍は試合をこなすことになると思います。

 僕の対戦数は大体200〜300くらいでしょうか° ω °)

 

 試合時間が短いアグロデッキを使ったとして1試合平均6分としても200戦、300戦やれば20〜30時間いることになります(´・ω・`)

 

ずっとラダーを回し続けられる精神持久力の鬼ならまだしも、普通のプレイヤーであるなら休憩を入れていかないとツラい部分はあるでしょう。

僕はラダーぶん回す時は45分プレイ15分休憩でローテしてましたね(´∀`)

正常な判断をするためにも休憩は大事です° ω °)

 

うちのコミュニティのラダーモンスターは、

一日に100戦くらい回して、疲れ果てた辺りの試合のマリガンで

「海賊ウォリだから1マナミニオンキープしなきゃ〜...」

パッチーズをキープしたそうです笑

 

 休憩時間も含めて早いデッキならランク5からレジェンドになるのに必要なプレイ時間は30〜50時間ってところでしょうか?

 

ざっくりですが、このくらいの時間を用意出来ればレジェヒットもいけるのではないかなと思います° ω °)

 

 

「滑り込みで」

初レジェンド到達を目指すなら、最終日に滑り込み成功させるのは堅実なやり方だと思います° ω °)

 

シーズン中盤ランク5に上がってそこからレジェンドを目指しても、

対戦するのはレジェンド常連者やレジェンド2桁に到達しているような人ばかりです(;´・ω・)

 

マリガンはしっかりしてるし、ミスプレイもあまりしません。

 

ランク5までの勝率と比べると一段下がることでしょう。

 

上級者と戦えるということは勿論ありがたいことで、プレイヤースキルの向上に繋がりますが、

その時期にレジェンドに到達するのはとても大変です(′︿‵。)

 

 

そこからシーズン終盤に近づくにつれ、

レジェンド常連の方々は続々レジェ到達していくので、

対戦相手のレベルは中旬と比べて少し下がります。

(たまに「あんま本気でハースストーンやってないけど、レジェにはなっとくか」みたいな超絶カードゲーマーが月末のランク帯に居たりするので、無双されたりもします。 )

 

この終盤になって対戦する相手というのは、ランク5に到達するまでに戦ってきた相手達です。

 

言ってみたら、ほとんどが初レジェを踏もうと共に頑張っている同士達です!

ランク2もランク1も変わりません!

 

同士達から星を奪って、レジェンド到達に向け拍車をかけましょう!ι(˙◁˙ )/

 

要するに

 

上級者に勝つのは大変なので、同じくらいのレベルの相手と戦って星を稼いでいきましょう!

 

ということですね。

 

張り切ってランク5に素早く到達しても、そこから上級者に揉まれすぎてヘトヘトになって心折れちゃったらしょうがないですからね(´・ω・`)

 

最終日付近でランク1又はランク2の星2,3個辺りにつけていれば、レジェヒットも目指せることでしょう!ヽ('∀'*)ノ

 

後、最終日辺りでレジェ目指す理由の一つに、

 

レジェ4桁の人たちがteir4デッキを使って遊んでたり

わざと負けて星をくれる星配りおじさんがいる

 

という部分があります。ありがたいことですね(′︿‵。)

 

たまにアグロぶっ潰す気まんまんのミッシャー、コンシャーで立ちはだかってくるファキゴナファッキンファッカーも居ますが、打ち倒していきましょう!

 

レジェンド到達最後の壁が「ランク3を超えられるかどうか」と言われているそうなので、この壁を越えられればレジェは目前でしょう!

(たまに、ランク1の星5個からランク5まで落ちたなんていう聞いてるこちらの胃まで痛くなるようなこともあるそうなので、あしからず...)

 

 

今回はこの辺りでおしまいとします!

ざっくり言っちゃうと、頑張りどころを考えて頑張りましょう!って話ですねヽ(∀)ノ

 

レジェンド到達の方法なんて話をしましたが、僕もいつも苦労している側の人間です(′︿‵。)

 

そんな僕がレジェンドを目指していて、「いくぶんか楽なったな~」と感じた部分を記事にしてみました。

 

もっと早くレジェ到達できるようになりたいですね~!

精進していきます!ヽ(’∀’*)ノ

 

では、ここまで読んでいただきありがとうございました!

おつかれさまです!° ω °) 

ラダーを回すのが恐くなったあなたに【番外編】

° ω °)こんにちは、ceuです!

 

今回は番外編です!

 

自己ベストを目指す人、ランク5を目指す人、レジェ到達を目指す人に向けてブログを書いていこうと思いますヽ('∀'*)ノ

 

 

 

「ラダーを回すのが恐くなったあなたに」と題しましたが、これはそのまんま僕のことです(´∀`)

 

 

せっかくランク5からコツコツ星を稼いできたのに、連敗して勝ち星を無くすのは一瞬です。

 積み上げてきたものを失うのはとても恐いです。

 

そんな大連敗を期してレジェヒットの可能性を失ってしまうくらいならと、

ランク3辺りで「レジェに行けるかもしれない」という可能性に浸ってのんびりしているのも手かもしれません。

 

でも、ラダーを回さないとレジェンドになれないので頑張って回します!

 

頑張って回すために色々な人に聞いたラダーを回す時の心がけや、アドバイスを思い出しています° ω °)

 

今日は、

この記事を読んでくれた方のラダーを回すプレッシャーが少しでも軽減できたらと考え、

色んな人から頂いたアドバイスの数々を書いていこうと思います。

 

 

1.相手のぶん回りや手札事故による負けを気にしない!

 カードゲームは運の要素が関わってくる以上、

ゲーム開始してからコストが重い順にカードを引いてしまうこともあるし、

パッチーズを3試合連続でハンドに抱えてしまうことも稀に良くあります。

 

 

こういった手札事故が起きているのに、相手はぶん回りマナカーブ通りに強い動きをしてくることも間々あります。

 

そういった負けはどう反省しても手札事故のせいでしかないので、引きずるだけ損です!

 

 

ギリギリの戦いをしている試合でのプレイミスによる負けや、

相手のとあるカードをケアすることなく展開した結果、盤面を返されての負け等を反省して

自分を成長させる糧にしていく方が有益です。

 

 

負けを引きずって次の試合でも集中出来ないのはとてももったいないので、こういった時は切り替えていきましょう!

 

負けたのは自分のプレイングが原因ではなく、手札が事故ったせいなのですから!

 

 

2.自分がティルトしているかどうか判断する

そうはいっても、そう何回も理不尽な負け方をしていると気持ちはささくれ立ってきますよね(´・ω・`)

 

トップデッキで溶岩爆発を引かれての負けや、今引きでのレノジャクソンで回復されての負けが続いて、苛立っていくのはもちろん分かります(ノ;・ω・)

 

そういった試合の連続で「ティルト」という状態になることがあります。

 

「ティルト」はもともとポーカー用語だそうで

「プレイヤーが合理的な判断ができなくなり、感情にかられた行動をとるようになってしまった状態」

といった意味だそうです。(出典:https://ja.pokerstrategy.com/glossary/_101/)

 

相手のメイルシュトロームのポータルからトンネルトログが出てきたり等の

めちゃくちゃラッキーなRNGを引き当てたことに腹を立て

「なら俺も良いRNG引いてもおかしくないよなぁ!?」とRNGの上振れにかけた行動をとって自滅してしまったり、

 

通ったら有利になるけど、裏目を引いたら必敗となってしまうようなムーブにかけてしまうなど、リスキーな行動を取ってしまうなどがそうですね。

 

このティルトが恐ろしいのは、自分が合理的な判断が出来なくなっていることに気が付かないってことです。

 

自分はベストな選択をしていると思い込んでるというのがとても怖いです。

プレイを改善する事が出来ず、リスキーなプレイを続け星を溶かしていってしまう...

 

こういったことにならないように僕は連敗した時は、リプレイを見て自分のプレイングを見直すようにしています° ω °)

 

改めて観戦側から見てみると、ひどいプレイをしていることは多々あるので、自分の気持ちをリセットするためにリプレイ機能を使っています。

 

そして、自分の精神状態が良くないと分かった時はおとなしく休憩します!ヽ('∀'*)ノ

 

個人的には「他のことを考えられないくらいに集中できること」という選定基準で、

ギターの練習や料理などをしてリフレッシュしています。

 

1/4スぺダメトーテムを引かれて負けた事を忘れた頃合いに、またラダーを始めてます。

楽しむためのゲームで苦しんでも面白くないですからね(´∀`)

 

 

3.相手の運による勝ちを気にしない!

相手の手札を読み切ってAoEやレノがないことを看破しても、山札数十枚からベストな1枚を引いてくることがあってしまうのがカードゲームです。

 

これは様々なケアをしていても何%かの確率で生じてしまうことなので、仕方がないことです。

 

そういったトップデッキでの負けも反省してもしょうがないことなので流してしまいましょう!

 

ほぼ勝ちが確定している展開で、山札20枚のうち1枚しかないフレイムストライクを引かれて負けならば、1/20の確率で負けていても同じ展開のゲームが20回あったら19/20で勝ってるわけです!!

 

かなりプラス思考な考え方だと思いますが、トップデッキで負けて悔やんでいた時に聞いて、「まぁ、しょうがないか!」と割り切れたアドバイスです笑

 

そのトップデッキをどれくらい考慮してカードを切るか考えるのもとても重要だと思いますが、そのリスクを取らなかったこと引きずってしまうよりかは、ポジティブに切り替える方がいいでしょう!

 

4.勝率60%は上出来!

正直、勝率60%ってすごいと思います。

10戦やって6-4ということはランク5から星が2個頂ける。ランク5の星1からレジェになるのに25個が必要なので大体125戦でレジェンドになれることになります。

 

125戦回せばレジェ到達できるなんて素晴らしい...!

毎回300戦くらい回してやっとこさ到達している僕からしたら、喉から手が出るくらい欲しい勝率です。

 

そんな勝率60%でも10戦やったら4戦は負けがあるわけです!

逆を言ったら、10戦中4戦は負けても良いわけです!

 

負けた時は「あぁ―負けたー...⤵︎⤵︎」ってなっちゃいますけど、4回負けて良いうちの1回なんで良しとしましょう!

100戦やったら40戦は負けて良いってことになるので、そのうちの1回だと思って開き直りましょう!

 

負けてしまった1戦ではなく、100戦回した上での勝率を考えていきましょうって考えですね° ω °)

 

 

ぱっと出てくるのはこんなところでしょうか!

ラダー回すのにビビり始めた時、良く思い出しているのがこれらのアドバイスです° ω °)

 

 

これらは以前コーチングして頂いたtarebearさんや

コミュニティのメンバーから頂いたアドバイスの数々で、僕は今でも助けられています。

 

このプラス思考なアドバイス達が、目標ランクを目指すプレイヤーの方々のちょっとした役に立てばと思います(´∀`)

 

ランクを落としても失うものは何もないし、シーズン終わりの宝箱の中身は変わりません!

もし、負けても、その負けを糧にしてまた上手くなっていきましょう!ヽ('∀'*)ノ

 

 

ここまで読んでいただきありがとうございました!

今月も各々目標に向けて頑張っていきましょう!° ω °)

 

そして、伝説へ!その2【海賊ウォーリアその6】

° ω °)お疲れさまですー!CEUです!

今月、何とか2回目のレジェンド到達を達成することができました!

また、前と同じように2時間前に滑りこみセーフです!笑

f:id:ceu4569:20170201233142p:plain

 

良く見ると、ハンドにはパッチーズを抱えているという...

レジェ昇格戦でパッチーズを引いてしまう引きの弱さに心は悲しみに包まれましたが、みごと相手のミッシャーを打ち滅ぼしてレジェヒットしました!(´∀`)

 

ランク4まではブログでお話ししていた海賊ウォリのデッキを使い、レジェヒットまでは下のデッキリストを使っていきました。

f:id:ceu4569:20170201234658p:plain

月末に近づくにつれレノ系が減り、アグロが大増殖してきましたので、ナーガの海賊を2枚抜き、酸性沼ウーズを思い切って2枚積みしました!

 

酸性沼ウーズを2枚積んだことで、

シャーマンに対しては18-12、

ローグには8-1、

で勝ち越すことができ、多くあるマッチアップで勝率ことが出来ました。

 

案外、ローグはヒロパ武器を酸性沼ウーズで壊されるのがイヤみたいですね。

 

良くしてもらっているフォロワーさんには「アグロに対しての1点は重要なので、武器を壊されるのはツラい」といったコメントを頂きました。

 

正直、もう1回ヒロパ打てば武器はまた持てるし意味ないかな?と思ってましたが

2マナ消費してつけた武器で1点飛ばしたとして、

それを壊されたら2マナ使って1点しか出せないというのは、なかなかマナをムダにしている感があります。

 

また、ちんけなバッカニーアが3/2として場にいたところを、武器を壊し1/2に戻して有利トレード出来る点も良い活躍をしてくれました。

 

ローグに対してはミニオンを並べて相手が返せない盤面を作っていきたいので、ちんけなバッカニーアを一方的に処理できるのは嬉しかったです。

 

ヘルス2のミニオンが2マナ帯で増えたことにより、ドルイドとのマッチアップでも勝率は良くなりましたね。

なぎ払いをケアできる盤面を作りやすくなり、ウーズのアタック3というスタッツも良い追い風となりヘルスを削ってくれました。

 

 

今回は総合263戦して157勝106敗,勝率58%という結果でした。

f:id:ceu4569:20170202211632p:plain

 グリーンスキン船長を活かし、海賊ウォリでフェイスプラン以外の戦い方ができないかな?と思いこのデッキを使ってきましたが、とりあえずレジェを踏めるくらいに戦えて良かったです(´∀`)

コンセプトでもあった「レノジャクソンを出されても削りきる」という部分を発揮し、レノ系にも一応は勝ち越すことが出来たので、その部分でも嬉しく思います。

 

今シーズンは初旬に試合数をこなせず、ラスト3日間焦りに焦りながらラダーをぶん回すなんてことになったので、これからはもう少し計画的にラダーをやっていこうと思います。(ノ;・ω・)

 

 

 

実際グリーンスキン船長は強いと思うんですよ° ω °)

5マナ5/4という攻撃的なスタッツを持ち、ブラッドセイルの狂信者と違いただ盤面に出すだけで武器に+1/+1してくれる。

アルカナイトリーパーを強化すれば6/3となり、合計で8点分のダメージを上乗せしてくれます。

 

一振りで6点ダメージを与える呪文にファイアーボールがありますが、

グリーンスキン船長は、

「5/4という5マナ相当のスタッツ」と

「4マナ ファイアボール相当の6ダメージ」

を追加する9マナの動きをするミニオンになれます。

 

実際はファイアボールと違って挑発に邪魔をされてしまいますが、それでも打点6点の追加は相手のヘルスを削りきる一押しになってくれるでしょう。

 

 

武器を育てつつ、武器で相手のミニオンを処理し、自陣のミニオンを守りながら攻めていく。

トレードを意識したちょっと変わったタイプの海賊ウォリでしたが、どうでしょうか?

 

正直、トレードは最小限でフェイスを攻めて攻めて攻める海賊ウォリに、あまり触れてこなかったのでどの程度プレイングが違うか分かりませんが、とても楽しくプレイできました!

 

有利トレードを続けて盤面を強くしていくプレイングがとてもZOOっぽくて、手に馴染むところがありました!

ZOOが好きだった人なら、きっと楽しくプレイできると思いますので良かったら使ってみてください!

 

今日はこの辺でおしまいにします!

ここまで読んでいただきありがとうございました!

 

今は、今シーズン何を使っていこうか悩んでいる最中です° ω °)

海賊ウォリもまだまだ研鑽が足りないですが、翡翠ドルも楽しそうだし、ミラクルローグも面白そうですね!ヽ('∀'*)ノ

コンウォリも結局回せてないし、何に手を出そうか迷ってしまいます。

魅力的なデッキばかりで嬉しいことですヽ(∀)ノ

 

何かおススメのデッキリストがあったら、ツイッターで声をかけて下さい(´∀`)

 

では、失礼します!

 

武器海賊100戦-後編-【海賊ウォーリアその5】

° ω °)後編ですー!プリ、メイジ、ウォロ、ドル、ハンター、パラです!

 

【戦歴】

f:id:ceu4569:20170127204318p:plain

f:id:ceu4569:20170127204337p:plain

 【デッキリスト

f:id:ceu4569:20170119223221p:plain

【プリースト】9-3 勝率75%

一番、気が楽なマッチアップでした。

 

 プリーストは盤面にミニオンがいないと攻めることができず、カバールのカギ爪のプリーストのような強力なミニオンも盤面を取っていなければ活かすことができません。

 

ワームレストのエージェント2/4のような優秀なミニオン烈火の戦斧+パッチーズで打ち取ることができ、その後盤面に出てくるミニオンも武器とミニオンで有利なトレードができます。

盤面を握り続け、殴り倒していきましょう!

 

こちらが盤面を取っていれば、ブラッドセイルの狂信者は安定して発動させることができ、武器のバリューも安定して発揮されます。

武器でのミニオン処理の結果、ヒーローのヘルスを削って試合を進めても、盤面さえ取っておけばバーストダメージは出ないので、こういった面でも気が楽です。

 

 

このデッキにアタック4ミニオンは居ませんが、泡を吹く狂戦士を4/4で留め除去を防ぐこともできます。

また、ン=ゾスの一等航海士からの武器をアタック2に育て、ブラッドセイルの略奪者を4/3にすることも出来るので、こういった風にアタック4ミニオンを作り出し、試合を有利に進められます。

 

 

 AOEはいくつかありますが、

5マナでのホーリーノヴァでは、こちらの盤面を焼き切るのに不十分であり、

6マナのドラゴンファイアポーションでは遅く仮に焼かれても、武器によるプレッシャーを突きつけ、ミニオンを再展開することができるため以前押し付ける側に立つことができます。

 相手がレノプリだった場合、掘り出されし邪悪を打ってくることがあるので、盤面はヘルス4ミニオンが残るようにしていきましょう。

 

 

しかし、ドラプリはウーズを2枚積みしても強いデッキですので、武器破壊を上手く決められ優秀な挑発ミニオンで蓋をされるとキツイ場面もあります(´・ω・`)

武器を破壊されるリスクは考えていきましょうヽ('∀'*)ノ

 

【メイジ】8-1 勝率88%???

戦歴は出来過ぎています!実際は不利はつかないくらいのマッチアップだと思います。

相手のマリガンと習熟度に寄るところがあるので、なんとも言えんのです° ω °)

 

レノジャクソンを出されても勝てるようにする」というコンセプトで構築しプレイしているデッキですので、それが成されてるのは嬉しい限りです!

 

と言っても、普通に5ターン目までに削りきることも出来たので、相手の動きが悪い時は早いゲームを目指しても良さそうです笑° ω °)汚いな、流石海賊汚い 

 

 

盤面を握ってる状態を維持して、レノジャクソンで30点回復されてもまた削る事を目指してます。

(余裕があるなら)5~7ターン目からはリザードフレイムストライクカザカスポーションを警戒して動いていき、必要以上に盤面にミニオンを置かずハンドに留めておくことが多かったので、全体除去で処理されても再展開することもできました。

 

AoEレノジャクソンカザカス酸性沼ウーズ等欲しいカード全部持たれていたら負けですが、ハイランダーは不安定なデッキなので、相手がAoE等を持ってるかどうかを見定め、リスクを取るべきか否かを考えてプレイすれば勝てない相手ではないと思います。

 

手札にヒロイックストライクコルクロンの精鋭などの即効性のあるダメージカードを握って、相手が考えている以上のリーサルダメージを叩き込むのも勝ち筋の一つです。

 

盤面を取り手札にカードを貯めている状態だと、リーサルダメージを警戒して想定より早くレノジャクソンを出してくれることもあります。上手く引き出してより有利にゲームを進めましょう!

 

 【ドルイド】6-5 勝率55%

 このマッチアップが苦手です(′︿‵。)

自然の怒り生きている根などの単体除去で序盤のクロックを下げられ、

マナブーストからの翡翠の巨象戦の古代樹等で押しつぶされるor

翡翠が育ってきたところから妖獣の激昂で8点装甲を積まれ、間に合わなくて負けるという試合が結構ありました。

 

正直フェイスプランをニガテとしている部分があるのでうまく勝ててないのだと思います。このマッチアップをもっと取れるように勉強してきます。

 

なぎ払いをケアできる盤面をしっかり構築し、相手が暴れ出すターンより早くリーサルを見定めるゲーム展開を作るのが大切そうですね。

 

ウォーロック】5-3 勝率63%

僕が一番苦手なヒーローがウォロです。やってけば五分かそれ以下になると思います(☍﹏⁰)

レノメイジの台頭でレノロックが鳴りを潜めているのが幸運ですね!ヽ(∀)ノ

 

悪魔の憤怒地獄の炎影の炎等、序盤から盤面を焼いてくるAoEも多く、

単体除去もシャドウボルト魂の炎生の苦悩魂抽出等いろいろと持っています。

回復ミニオンも多く、挑発ミニオンもそれなりにいるので序盤、中盤と面倒な相手です。

 

勝った試合はレノ出される前に轢き潰した4回と

レノ出されても、削りきった1回でした。

 

負けた試合は序盤から多くのカードを切らされ、息が切れたところにレノを出されたことによるコンシードです。

 

正直、挑発ミニオン以外無視してフェイスプランで削りにかかった方が勝率は良いのかもしれません。

ライフタップする余裕をなくすのはドローが大切なレノロックに対しては有効でしょう。

長引いても相手が有利になるので、海賊ウォリが得意とする早いゲームで押し切るのも全然ありでしょう。

 

このマッチアップもまだまだ実績が少なく、考察が進んでないのでこの辺で早くも終了です。

また、動画等から考察を進めていきます。

 

 【ハンター】2-0 

海賊ウォリアーはハンターを潰した張本人でしょう。

序盤の速さで完全にハンターを上回っているため、序盤を取れればそのまま勝てます。

負け筋はいろいろとあると思うのですが、全く考察が進んでないのでこのマッチアップに関しては以上です....

 

パラディン】0-0

100戦しても出会わないなんて...

でも、可能性があるヒーローだと個人的には思っているので、いつか使ってみたいと思ってます。

 

° ω °)以上、各ヒーローの所感でした!

浅瀬でぴちゃぴちゃしているような記述もありましたが、ざっくりこんなところです!

 

アグシャーやレノメイジ、レノロック等のマッチアップは今後考察していき、実際あった試合のリプレイを元にお話しをしていこうと思うので、気になる人は待っててください(´∀`)

 

では、ラダー回してきます!ヽ(´∀`)ノ

みなさんお疲れ様でした!

 

 

武器海賊100戦-前編-【海賊ウォーリアその4】

° ω °)お疲れですー、CEUですー!

 

取りあえずランク5まではこれました!

f:id:ceu4569:20170125212202p:plain

いやー、一時期は18まで落ちたりして今月どうなるかと思いましたが、何とかなって良かった(´∀`)

考えてみたら、シクレフェイスもディスカードズーも環境的に弱くなってしまったので、困った時に頼る得意デッキを失っちゃってたんですよね。

これからは使えるデッキもどんどん増やしていきます!ヽ(∀)ノ

 

さて、まだ残りシーズンは5日間ありますね??

この数日でレジェンドに到達できるでしょうか??

とりあえずがんばります!

31日は有給も取っちゃいましたしね!笑

 

 その後,ランク4まで来て100戦回し終えたので、とりあえず戦歴と各ヒーローの所感を書いていきます。

ランク17からランク4になるまでの戦歴はこんな感じでした!

f:id:ceu4569:20170127204318p:plain

f:id:ceu4569:20170127204337p:plain

100戦中65勝35敗で勝率65%でした。

まぁ、勝率は低ランク帯も入っているのであてにならないですね° ω °)

 

これからレジェンドに向け鬼の形相でラダー回している猛者たちと戦っていく中でしっかりとデータを取っていこうと思いますヽ(∀)ノ

 

 

では、各ヒーローとの所感をマッチアップが多かった順でお話ししていこうと思います。

前編はシャーマン、ローグ、ウォーリアの海賊3兄弟です。

f:id:ceu4569:20170119223221p:plain

【シャーマン】16-10 勝率60%

海賊ウォーリアが一度teir2に落ち減少した理由は、海賊翡翠シャーマンの増加によるものだったと思っていましたが、思いのほか勝てました。

体感的には五分以上に戦えている実感がありますヽ('∀'*)ノ序盤のボードを取った方が勝ちです!

 

マリガンで烈火の戦斧と低マナ海賊ミニオンが引ければ、序盤の取り合いはかなり有利に勧められました° ω °)

烈火の戦斧+パッチーズトーテムゴーレムを倒せますし、このトレードで海賊ウォリ側が失うハンドは0枚です。

 

序盤の取り合いを制してしまえば、その後は、こちらがミニオンを押し付けるゲームを進められ、相手のミニオンを武器で処理して盤面を固めていくことができます。

アグロデッキは相手に対応させ、後手後手にさせた方が勝ちです!ι(˙◁˙ )/

 

泡吹く狂戦士2/4に対して翡翠の稲妻を打ってくることが良くあるのですが、

その後のナーガの海賊5/4グリーンスキン船長5/4が通りやすくなり5ターン目以降のゲームを優勢に戦うことができました。

 

また、悪辣なる海賊3/3烈火の戦斧を握っていれば場合1マナ、

強化して4点武器になっていれば0マナで出せます。

 

このマナをちょろまかして盤面を固めるプレイは強かったです。

銀食器のゴーレムと違って確定で0マナ3/3を盤面に落とせる素晴らしいミニオンですヽ(∀)ノ

 

後攻2マナ時にコインがあれば、「烈火の戦斧+コイン+アップグレード+0マナ悪辣なる海賊」と動き、先攻2ターン目に出てきた「トーテムゴーレム」を一撃で木くずにして盤面を取ることができます° ω °)

 

序盤、武器でのトレードでヘルスを消耗すると思いますが、後半はヒロパでの装甲2点回復ができ、相手のリーサルから逃げることができるのでウォリアーのヒロパが活きてきます。

 

ミッドシャーマンも2,3割居ましたが、泡吹く狂戦士2/4等のヘルス4ミニオンが多いこのデッキではライトニングストームが刺さる盤面が少なく、地底よりのもの6/5/5アルカナイトリーパーで一撃なので、そこまで苦戦しませんでした。

 

序盤アグシャーっぽく動かれて、中盤ミッシャーやられると流石にダメでした(′︿‵。)

  

このデッキにおいては、武器は顔面に振るのではなく敵のミニオンを処理するのに使います。このデッキは必殺の一撃リロイジェンキンスもいないので従来の海賊ウォリよりフェイスを詰める力は弱いです(´・ω・`)

 

その分盤面に残ると強力なミニオンを詰んでいるので、武器でこいつらを保護して戦っていきましょう!というコンセプトのデッキです° ω °)

 

僕に海賊ウォリを勧めたグリーンスキン船長の伝道師pontaさんは酸性沼ウーズを2枚積んで、シャーマンをもしゃもしゃ食べて順位を上げてるそうです° ω °)

 

今回はざっくりと書きます!

このマッチアップを多くの人がアグシャー有利と考えていると思うので、「どういう風に勝ち筋を描くのか」や、「マリガンで何をキープするのか」等をまた今度書いていきます! 

 

 

【ローグ】12-6 勝率66.6%

有利マッチアップの一つですが、手札が事故ったり相手にうまくミニオンを除去されると負けは十分にあります。

 

適切なゲームプランの選択、賊ウォリに対する正しいマリガン等が成されてる熟練度の高いローグプレイヤーはシャーマンより相手にしたくないです。

言うほど簡単なマッチアップではないと思います。

 

ミニオンを並べナイフの雨腹裂き等の除去呪文でも壊されない盤面を築くか、

ガンガンフェイスを殴っていき削りきるプランで勝ってきました。

 

ローグには挑発ミニオンがほぼ居ないので、フェイスを詰め切るプランでも十分勝てますというか、普通の海賊ウォリはそうします!笑

 

丸くミニオンを処理しているとガジェッツァンの競売人からのぶん回りで劣勢に立たされることもあるので、勇気をもって顔を攻めることも大切です。

相手のリーサルとこちらのリーサルのどちらが早いか考え、勢いよく火力をぶち込んでやりましょうヽ('∀'*)ノ

 

フェイスプランが得意な方は対ローグを得意としてると思いますので、手短にしておきます!

 

【ウォーリア】7-7 勝率50%

僕のミラーマッチにおける理解不足による負けもありますが、実際50:50といったところでした。

 

僕が盤面のミニオンで相手のヘルスを削りきるのが早いか

相手が武器や必殺の一撃、リロイ等の火力を引いて、僕のヘルスを焼き切るのが早いか

といったところです!

 

序盤の盤面をちゃんと取ることができ、相手が即効性のある火力を引けてない時はイージーゲームでした。

ホントに顔面しか見えてない相手には楽に勝てますが、ある程度習熟した賊ウォリプレイヤーとはスリルある戦いができて楽しいマッチアップです!

 

 

  

とりあえず、前編はこの辺で終いです!

ラダーで理不尽な動きをされて、ティルトしそうになってしまいそうなことはままあるのですが、

そういったときにブログ書いたり、ツイッターに投稿すると何故か落ち着いてきます° ω °)精神状態をリセットするための行動は大切ですよね

 

ティルトして、普段しないようなリスキーなプレイから星を落とすのが一番もったいないので、自分の精神状態を理解して健康的にラダーを回していきましょう!ヽ('∀'*)ノ

(いかんせんムリな話ではあるが...)

 

では、失礼します!

お疲れさまでした!° ω °)