読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海の巨人のつどい 【hearth stoneブログ】

ちょいちょいレジェンドに滑り込んでるハースストーンファンによるブログです!好きなデッキや環境について等々つらつらと書いていきます!Twitter : @ceu4569 BattleTag: ceu#11644( アジア)

ミッドレンジハンターをカスタマイズしてみよう! その1【ミッドレンジハンターその2】

° ω °)お疲れさまです、CEUです。

 

 

はじめに

月末ラダーに傾注しすぎていたせいで家事をサボりまくっていました私ですが、部屋もピカピカ、過度のラダーで荒んでいた心も穏やかになりました(´∀`)

 

 

毎度毎度めちゃくちゃ苦労してやっとこさレジェンド到達している私なので、

「成長が見られないなぁ」と気に病む部分もあったのですが、

 

パンピーの自分が頑張ってレジェンドに到達している姿は、初レジェンドを目指す方々に

 

「ああいう風にがんばっていけばレジェンドも踏めるのか」だとか

「あのくらいのレベルでレジェンドいけるなら私もいけるかも?」

 

と思ってもらえるかも!と逆転の発想をすることでカバーすることにしました(°ω°)

 

初レジェンドを目指してる人には、僕くらい苦労しちゃってるプレイヤーの方がレジェヒットまでの道程が参考になるかもしれないですしね(´∀`)

 

 

【自分のミッドレンジハンターをカスタマイズしてみよう】

今回はミッドレンジハンターデッキを自分好みにカスタマイズして、勝ちたい相手に勝てるデッキを作ろう!

という内容になります。

 

今のハンターは採用に足りる素晴らしいカードが沢山あり、より取り見取り選びたい放題です。

それらを勝ちたい相手や環境に合わせて変えていくということが出来ます。

 

そういった構築を考える楽しさがミッドレンジハンターにはあると思いましたので、今回話題にしようと思いました(´∀`)

 

 

 

前回のブログで紹介したミッドレンジハンターデッキこちらになります。

f:id:ceu4569:20170501223025p:plain

意識したマッチアップは主に

挑発ウォリ

海賊ウォリ

マロパラ

となっています。

 

他にも採用を考えたカードは山ほどあったので、紹介していきたいと思います。

 

ミッドレンジハンターの選択候補たち

挙げるとキリがないですが、つらつらと書いていきましょう(°ω°)

今回は5マナのミニオンを挙げていきます。(書きだしたら長くなっちゃいました。)

巣作りロック鳥

f:id:ceu4569:20170502220528p:plain

対抗したい相手:海賊ウォリ、ハンターミラー、プリースト

 

5マナ4/7という、今までのハンターで見られなかった高ヘルスの良いミニオンです。

しかも、ミニオンが2体いるだけで挑発まで付くというステキ効果付きです。

 

対海賊ウォリ

このミニオンの4/7というスタッツが絶妙です。

海賊ウォリでもアルカナイトリーパー一撃で突破されず、7点を突破するために2手必要なことが多いです。(烈火の戦斧+ヒロイックストライクでは7点出てしまう...!)

ここに火力を裂いてくれれば、ヘルスを守りきれる望みも出てきます。

 

海賊ウォリアの5ターン目はアルカナイトリーパー装備して、ヘルスを詰めに来るターンなのでここで、邪魔ができるこのミニオンはえらいです(´∀`)

 

また、コンゴウインコのような貧弱な1/1ミニオンと一緒に出すことで、挑発を発動させる動きは1マナミニオンのバリューを引き上げることに繋がるので、この点でも良いミニオンなのかなと思っています。

 

対ハンターミラー

ハンターも4/7挑発というミニオンを抜く為に「武器3点+ミニオン4点」など2手必要なことが多いので、良い活躍が期待できます。ハイメインでも1撃では抜けません。

 

挑発が発動してるという事は場に3体は居るはずなので、必殺の一矢も有効ではなく

殺しの命令をここに打ってくれるのであればヘルスを守りきりダメージレースを勝ち抜く算段が取れそうです。

 

ハンターにとって4/7という4点クロックが期待できる場もちの良いミニオンはそれだけで優秀だと思います。

ストラングルソーントラ5/5が隠れて5点クロックが確定しているような安心感があります。

 

対プリースト

アタック4というプリーストが忌み嫌うスタッツであるため、これまたプリーストに効きます。カバールのカギ爪のプリーストも一撃で倒せて、ドラゴンファイアポーションでも焼切れない素敵なミニオンです。

 

プリーストの有利不利はあまり試合数をこなしてないので分かりませんが、

狂気ポーションのせいでやさしいおばあちゃん1/1ゴラッカクロウラー2/3を盗まれる可能性があるこのマッチアップでは、色々とケアをしながら戦わなくてはいけないので、ツラい場面がいくつかあると思います。

 

そんな中、プリーストに有効なミニオンがいるのも良いかなと思います。

 

その他

他に上げるなら、メイジに対しても有効かなと感じました。

7点というダメージを出すのは大変で、ファイア―ボールとヒロパで6マナで処理は出来ますが、大切な打点を吐くことになりますし、フレイムストライクなどの全体除去も打ちにくくなります。

 

しかし、向こうも今はメテオという大型ミニオンを除去する術を持っているので、適切な的になってしまうかな?と思うところもあります。

 

ビタータイド・ヒドラ

f:id:ceu4569:20170502224405p:plain

対抗したい相手:挑発ウォリ、ドルイド、クエストローグ

 

前回のブログでも紹介しました、5/8/8という雑に強いミニオン

ハンターの5マナ目と言えばストラングルソーントラ5/5ナックルズ3/7などが居ますが

8/8という高アタック高ヘルスミニオンは今までになかった強さがあります。

 

対挑発ウォリ

4,5,6ターン目にブラッドフーフの勇士横丁の鎧職人キュレーターと高ヘルスの挑発ミニオンが置かれていくところを強引にぶち抜いてくれます。

 

このミニオンを処理するために止めの一撃を打ってくるのなら、そのターンの動きは止めの一撃を打った2マナ分弱い動きになってくれるので、他のミニオンが活躍しやすいです。

 

ビタータイドヒドラ必殺の一矢は挑発をぶち抜いてフェイスを継続して詰めていけるので挑発ウォリにはお勧めです。このマッチアップではヘルスに3点を受けるデメリットが薄いのも大きいです。

 

ドルイド

ドルイドからマルチという確定除去が消えたことで、ビタータイドヒドラが5ターン目に出せると良い暴れ方をしてくれました。

 

翡翠ドルイド翡翠の巨象も一撃で抜いてくれるし、戦の古代樹を抜くのにも一役買ってくれます。

 

アグロドルイド戦では、序盤からハゲしい攻防を繰り広げ中盤に向かっていくと思いますので、お互いハンドが尽きてきたところに8/8がドンッ!と置かれるのは強いと思います。

 

しかし、向こうも5マナ目には動き回るマナや六丸など勝つための方策を残しています。

 

ハンター側としては勝ち筋の一つとしてこのビタータイドヒドラの採用もありだと思います。

 

盤面思いっきり取られている時に出すのは単に自殺ですね(☍﹏⁰)

アグロドルイド相手にそうなったらまず負けなのでコンシードしときましょう。

 

対クエストローグ

クエストローグをやってる時、獣の相棒からミーシャ4/4挑発が出てきても

「どうすんだよこの4/4...」とツラさを感じていたのですが、

5ターン目に8/8が出てきたときは

「あれ?これ詰んでない?」とさらに絶望を感じていたので

僕は採用していました。

 

クエストローグを狩るのはハンターの役目です。

4ターン目にキレイにクエスト達成されたら勝てないので、勝てる試合でちゃんと勝つために5ターン目からのプレッシャーを意識して入れました。

 

クエストローグ側もグレイシャルシャードで凍結させて延命を図ったり、退散を使って試合を長引かせたりしますが、それらがない時はこのヒドラで一撃ぶん殴ってしまえば勝ちがグッと近づくのでGOODです。

 

ビタータイドヒドラが活きにくい相手

フリーズメイジ、発見メイジ、ミラクルローグなど細かい打点が出せる相手には顔面に3点を与え続けられるだけでしたので、出すに出せないツラさがありました。

 

ミラクルローグ相手には、花びらの1点バックスタブ2点などの細かい打点が切れた時に出せると暴れてくれたりもしました。

 

デメリットとメリットの差が大きいピーキーミニオンですが、こういう尖ったミニオン僕は好きなので、環境に合わせて使ってあげたいです(´∀`)

 

ツンドラサイ

f:id:ceu4569:20170502233436p:plain

上記のミニオンは一枚差しにしようかなと考えるところですが、

このミニオンはめちゃくちゃ使えるので、2積みにしました。

 

このカードが5ターン目におかれると、放置した場合には6ターン目にバンナハイメインが突撃してくる危険があるので優先して処理しなくてはいけません。

 

がんばって処理した後にもバンナハイメインは控えているため、どちらにしろハイメインが暴れてくれる望みが出てきます。

 

また、7マナあれば腐肉食いのハイエナと一緒に飛び出し、盤面のミニオンをトレードに使いつつフェイスに大ダメージを与えることも出来ます。

 

ヘルス5というスタッツも処理しにくく、盤面が取れていないとダメージを出しにくい相手には処理を苦労させることが出来ます。

 

一枚差しするカードを引く確率

ビタータイドヒドラ巣作りロック鳥を1枚差しするリストはいくつかあります。

 

しかし、この1枚差しするカードを引いてくる確率って結構低いものだと思います。

 

 

5マナのカードは余程ハンドが良くないと残さないので、基本マリガンで返すと思います。

そうなってくると、この1枚差しした5マナミニオンを5ターン目までに引いてくる確率は

 

 

「全体 - 5ターン目までに1枚差しのカードを引かない確率」

を計算して

 

先攻なら18.5%

後攻なら19.2%

となります。

 

 

マリガンでハンドに来る確率は含めてないので、おおよそ2割といったところでしょう。

 

ハンドに来る確率もその程度と考えてプレイするべきでしょう。

ご都合で引いてきたらラッキーなレベルです。

 

 

これが2枚積みの場合であれば

先攻31.34%

後攻32.30%

となります。

 

ハンドに2枚来てしまった時がっかりすることもあると思いますが

 そのカードが強い!ちゃんと引いてきたい!と考えるならば、当たり前ですが2積みした方が良いでしょう° ω °)

 

ZOOがドゥームガードを2積みするのは、ハンドに2枚くる事故を恐れるよりもちゃんと引いてきたとき強いからですしねヽ(∀)ノ

 

追跡術

しかし、ハンターには追跡術という素晴らしいサーチカードがあります。

これを使って

 

一枚差しのテックカードを引っ張ってくる

デッキを圧縮して引く確率を上げる

 

というのも、有効だと思います。

 

一枚差しのカードを有効なタイミングで引く可能性を追跡術によって引き上げることができるのは、ハンターに許された強い能力だと思います。

 

 

終わりに

おつかれさまです。

案外長くなってしまった!3枚しかカード紹介してないのに!(ノ;・ω・)ノ

 

まだ紹介したいカードはいろいろとあるので、もうちょっと書いていこうと思います。

 

今日はこの辺で失礼します!

お疲れ様でした!ヽ('∀'*)ノ