海の巨人のつどい 【hearth stoneブログ】

ちょいちょいレジェンドに滑り込んでるハースストーンファンによるブログです!好きなデッキや環境について等々つらつらと書いていきます!Twitter : @ceu4569 BattleTag: ceu#11644( アジア)

今回のナーフについて 【R.I.P.マナワーム】

今回は愚痴のようなものです。

イヤな気分になるかもしれないので読まなくて大丈夫です。

ですが、僕の気持ちの整理のために書かせてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まさかマナワームがナーフされるとは思わなかった。

 

OP具合でいったら間違いなくドルイドのカードがナーフされると思ったし、それを中心に他カードをナーフしてバランスを取るものだと思っていました。

 

そのバランスを取る中でマナワームをナーフするなら納得も出来たのです。

初手にマナワームが来たときの勝率は他よりも高いものになっていましたし、クエストローグや偶数ウォロに対して高い勝率を出していたので、そことの兼ね合いをみてナーフをするなら理解出来ました。

 

でも、施されたナーフはマナワームと含み笑う発明家だけでした。

結局アグロデッキと奇数ウォリの不利関係は変わらず、ケレセスやDKカードなどの高すぎるバリューを持つカードもナーフされませんでした。

僕は結局クエストローグは環境に残り、アグロ、コントロール、アンチコントロールの極端な三竦みは変わらないと考えています。

 

 

じゃんけん環境や無限リソースなど、コミュニティやプレイヤーが苦言を呈している部分はどうしたのでしょうか。

何故、このタイミングでマナワームが、テンポメイジがナーフされる必要があったんだ。

 

最初、ナーフの情報を見た時、頭で処理しきれませんでした。

俺が配信から学んだり、試行錯誤から手ににした技術は何だったんだ。

書いた記事もすべて灰になった。下書きも全て消した。

 

 

数日が経った今は落ちついていますが、

 

まだ落ち込んでもいます。

 

大好きなおもちゃを親に取り上げられて駄々をこねる子供を演じるのも虚しくなってきたので、また何か新しくハマれるものを探そうとは思いますが、良い出会いがあれば良いなぁ

 

今回のナーフにより予想外に良環境が生まれることがあるかもしれませんが、あまり期待せず傷が癒えるのを待とうと思います。