読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海の巨人のつどい 【hearth stoneブログ】

ちょいちょいレジェンドに滑り込んでるハースストーンファンによるブログです!好きなデッキや環境について等々つらつらと書いていきます!Twitter : @ceu4569 BattleTag: ceu#11644( アジア)

ミッドレンジハンターをカスタマイズしてみよう! その3【ミッドレンジハンターその4】

° ω °)おつです。CEUです。

 

GWだったり、風邪だったり、コミュニティ交流戦だったりでワイワイしてたら、更新滞ってました。

 

それよりも、ブログの方向性について悩んでしまい、筆が重くなってしまいました。

 

考えた結果、

このブログは『ランク5又は初レジェンドを目指す方々に向けて書いている』

という初心を思いだしました。「海の巨人のつどい」ですからね!

 

そういった人々に役立つことを少しでも書けたらなと思います(´∀`)

 

では、内容へ!

 

 

はじめに

 引き続きミッドレンジハンターの構成についてお話ししていこうと思います。

 

最近、ラダーでシクレメイジが流行しており猛威を振るってますね!

このメイジに対して構成次第でハンターは対処できると考えています。

 

対シクレメイジに向けて

シクレメイジはテンポを重視するデッキのため、

フレイムストライクリザード火山ポーションなどのAoE

動物変身メテオなどの除去カードが抜けている構成がほとんどです。

 

そのため、断末魔持ちミニオンの処理が苦手であり、ネズミ軍団バンナハイメインに対する効果的な回答がありません。

 

除去呪文もフロストボルト3点×2とファイアーボール×2、炎の大地のポータル×2と数は多くありません。(メディブの従者はクソのほど強いです。2/2/3,3打点はヤバい)

 

照明弾を採用し、アイスブロックのケアも出来ますし、これはパラディンに対しても活きてきます。

2マナカードとして帽子から猫を採用すると、呪文で除去された際にも4/2の猫が盤面にミニオンが残ります。

 

1マナからマナワーム、2マナ魔法学者、3マナキリントアのメイジとマナカーブ通りに動かれるともちろんキツいですが、またハンターに役割が持てているかなと思います(°ω°)

 

 

フェイスハンターで盤面を取って横に広げて殴りきるというのも手かもしれませんね。

 

フェイスハンターの方はまだ触ってみていませんが、僕がシクレメイジをプレイしている時、盤面の処理が追いつかず押し切られてしまったので、こちらも効果的かもしれません° ω °)

 

 

では、そんな感じのハンターですが、今回は1マナミニオンを紹介していこうと思います。

 

1マナミニオンたち

 

野良猫

特殊なハンターでない限り、このカード採用していないハンターは見かけませんね° ω °)

当然のように強いです!

 

1マナで1/1が2体召喚という2マナ分の動きをしてる時点で強いですし、その生き残りやすさからレイザーモーの適応バフをかけ有利トレードができたり、1/1を2体召喚する断末魔が得られます。

 

腐肉食いのハイエナが採用されている型が多いこともあり、相手のミニオンを処理しつつハイエナにバフをかけるこのカードが構築から抜けることは少ないでしょう。

 

 

ハンタークラスのカードデザイン

ハンターのミニオンというのはカードデザイン上他のカードより1マナ上の能力を持ったカードが多いです。

 

3マナ獣の相棒から出てくるミニオンはどれも4マナ相当のスタッツ又は能力を持ち、

優しいおばあちゃんは実質スタッツ3/4の3マナミニオンに相当するミニオンです。

 

そういった1マナ上のムーブを相手に押し付け、早い段階で勝負をつけにいくハンターとしては、野良猫は絶好のスタートが切れる良ミニオンですね(´∀`)

 

 

コンゴウインコ

 ハンターには珍しくリソースを持ってきてくれるエラい子です° ω °)

このミニオンのおかげで終盤にかけての息切れが解消されました。

 

そのため、このカードはアグロよりミッドレンジ、コントロールに目を向けたカードになります。

 

ミニオンを持ってきてくれるというバリュー

なんだかんだ獣ミニオンというのはハズレが少ないのです。

 

あまりおいしくないミニオンとしては、

光合のステゴドン4/3/4

サンダーリザード3/3/3

アングリーチキン1/1/1など居ますが、

基本的にマナ相当のスタッツを持ち、それぞれのヒーローに与えられたクラスカードの獣ミニオンは強いミニオンが多いです。

 

狩りに弱い獣を引っ張ってきても、ハンターの余りある獣シナジーはそれらを少なからず活かせることでしょう。

 

 

ファイアフライ1/1/2がハンドにフレイムエレメンタル1/2をくれるように、

コンゴウインコ1/1/1は巣作りロック鳥5/4/7をくれたり、リバークロコダイル2/2/3をくれるのです。

そう考えると、このコンゴウインコの持つバリューは大きいものに感じられますね(´∀`)

 

ハンターミラーなど小競り合いが続きリソース勝負になる試合では良く助けられることになるでしょう。

 

1/1/1獣としての最低限の働き

1マナミニオンとして先攻1ターン目に出し、2ターン目のレイザーモーで適応バフし猛毒や攻撃力+3を得て相手の2/3ミニオンを取れたりします。

 

 

また、最近流行っているシクレメイジに対しては、鏡の住人のケアもできます。

メイジ相手にヘルス1ミニオンを出してもヒロパで取られるだけになってしまい、おいしくないことも多々あります。

こういった局面のためにインコを出さずに取っておくこともあるかもしれません。

 

1マナ余った部分を補完するのに、このミニオンが担う役割は大きいぶぶんがあると思います。

 

餓えたカニ

 コイツを入れただけで、マーロック採用型のパラディンに対して有利がつきます。

環境にパラディンが多い又、マロパラは親の仇であるため打ち滅ぼしたいと考える方はぜひ2積みにしましょう。

 

先月レジェンドを踏めたのもカニを2積みにしたことで対パラディンは18-9と大きく勝ち越せた事が大きかったです。

 

ただ、カニを出してマーロックを食べて3/4となるのは1,2ターン目なら大きなテンポアドバンテージとなりますが、4ターン目のトゥルーシルバーチャンピオン4点であっさり除去されてしまうので、出し時を考え油断しないようにしましょう。

 

また、クエストローグが時間稼ぎをするために出してきた、マーロックの鯛ド変態を食べたりも出来ます。

 

 

今、1マナ1/2というミニオンは除去されにくいミニオンです。

さらにカニは獣ミニオンであるので、ハンターにおける1マナミニオンとしての価値は十分であります。

レイザーモー猟犬使いでバフしてあげて、有効に使っていきましょう。

 

 

しかし、後半トップで引いてきた時は恐ろしく弱いので、そういった展開がイヤな方はコンゴウインコを入れると良いでしょう。

 

炎魔コウモリ

2/1のミニオンは1点を気軽に出せるメイジ、ドルイド、ローグに対して弱いですが、1/3,2/3スタッツのミニオンと相打ちが望める優秀なカードです° ω °)

 

今のハンターの1マナミニオンの中では最もアグレッシブなミニオンですね(´∀`)

 

昔の感覚でいくと、デッキにスッと入れたくなってしまうのですが、

 

後半戦を意識してコンゴウインコを積み、

序盤を意識して野良猫を積み、

パラディンを意識して餓えたカニを積んでいると1マナだけで5〜6枚ほどになってしまいますので、さらに炎魔コウモリまで採用する枠が無いと理由で僕は不採用にしてました。

 

今、3/2スタッツのミニオンもあまりいないので、こことトレードが発生しないのも採用しなかった理由の一つです。

 

 

しかし、フェイスハンターをやるならもちろん入れたいですね!

 僕は前のめりなハンターも好きなので、序盤からガリガリ削って、相手に盤面取られたところに猟犬を放て殺しの命令打って気持ちよくなりたいです!笑

 

 

ファイアフライ

 この場に出したら1/1/2ミニオンをハンドにくれるという効果の1マナミニオン(°ω°)

ハンドにカードをくれるというのがハンターにとってはとても嬉しいです(´∀`)

 

1/2ミニオンはヒロパで取りづらく、序盤においては場持ちの良い優秀なミニオンです。パッチーズが出てきても一方的に処理されないというのも強いです。

 

ダイアウルフ・アルファを採用し、相手の1/2ミニオンを一方的に倒すという事も出来ます。

獣の相棒からレオックが出た際にもバフもされるので、トレードしてよし、フェイスを詰めてよしです。

 

言い換えたらこのカード、2マナで1/1/2ミニオンを2体召喚するという、合計スタッツ上は2マナ2/4のバリューを持ったミニオンとなります。耳ざわりからして強そうです(°ω°)

 

 ただ、獣ミニオンでない部分に関して気を付ける必要があります。うっかりレイザーモーを出した際には素だししてしまうことになります(私はやりました...!)

 

 ハンターミラーでも、このフレイムエレメンタルは相手の野良猫1/1を処理しても場に残りますし、猟犬を放て!で犬一体とトレードされることもないので、ここでも活躍は見込めると思います。

 

 

ハンターは1マナからマナカーブに沿ってカードを出した方が強いヒーローです。

そんなハンターにとってもハンドを減らさない点や、ヒロパで取られない部分を考えると、フレイムエレメンタルは強いミニオンだと思います。

 

 

終わりに

今日はこの辺でおしまいにします!お疲れ様でした!

 

3回に分けてミッドレンジハンターについてお話ししてきました。

最近では、有名プレイヤーの素晴らしいデッキリストがカンタンに手に入るようになっていますが、

自分が勝ちたいヒーローや、やりたいプレイに合わせてデッキを構築または調整するというのもとても楽しいと思いましたので、このような記事を書いてみました。

 

1マナミニオンに関してだけでも、

・6枚どっしり採用して、1ターン目から動いていけるようにするのか

コンゴウインコを採用して、リソースを意識するのか

・メタカードを採用して、特定のヒーローを意識するのか

などなど

 

さまざまなことを考えていけるので、こういった部分の裁量に頭を悩ませるのもハースストーンの楽しみになると思います。

逆に、人のデッキを使う際にはどのようなデッキを見たリストなのかを考えて、理解した上で使い始めた方が良い結果が得られやすいと思います(´∀`)

 

 

続きもぼちぼち書いていこうと思いますが、ハンターに関してはひとまずこれで一区切りとします。

 

 

とりあえずランク5までシクレメイジで挙げたので、次はこのデッキに関する所感を書いていきたいですねヽ('∀'*)ノ

 

では、この辺りで失礼します!

おつかれさまでした!° ω °)